繰上返済10回目(10万円)の戻し保証料【画像付】

繰上返済10回目(10万円)の戻し保証料【画像付】

money06.jpg

住宅ローン返済、10回目の一部繰上返済の戻し保証料のご報告です。通知ハガキが届いたのは 10月はじめ頃。2019年8月に申し込みをして、2019年9月2日に実行された繰上返済の戻し分です。いつものように画像付きで、過去の戻し保証料額と合わせてまとめます。

スポンサーリンク

これまでの戻し保証料

一部繰上返済をした最初の3回は「期間短縮型」で実行し、それ以降は「期間据置型」(返済額軽減型)で申し込み、実行されています。

10回目の今回も「期間据置型」で申し込み、申請金額は10万円で繰上返済をしました。

15万円にするかどうか迷ったのですが、消費税増税まで残り一ヶ月という時期だったので、負担の少ない10万円に。

ということで、まずは今まで払い戻された銀行住宅ローン保証料のまとめから。

繰上返済/戻し保証料まとめ
回数 返済額 戻し保証料 入金額
1回目 10万円  5,563円 5,239円
2回目 10万円  6,631円 6,307円
3回目 10万円  6,377円 6,053円
4回目 10万円  5,081円 4,757円
5回目 11万円  5,029円 4,705円
6回目 10万円  4,690円 4,366円
7回目 10万円  9,825円 9,501円
8回目 15万円  7,234円 6,910円
9回目 15万円  4,443円 4,119円

入金額は、振込手数料324円を差し引いた実際の受取額を記載しています。

9回目までの戻し保証料の合計金額は 54,873円
実質の受取額の合計は 51,957円でした。

住宅ローン契約(金消契約)のとき、ローン実行のあと、残金決済の際に保証会社へ保証料を一括払いしました。その時の支払額は 408,723円です。

戻された金額を差し引くと、実際の保証料の負担額は 356,766円になったことになります。

と、ここまでが前回までのおさらい&まとめです。

「信用保証会社と保証料」「戻し保証料」については、初回の報告記事内で説明しています。興味のある方は、この記事の最後にあるリンクよりご覧ください。

9回目の戻し保証料

ここからは、10回目の結果報告です。ハガキで届いた通知によると、今回の返金額は以下の通り。

戻し保証料

前回、比較的大きな減額だったんですが、またさらに減りましたね。初の3千円台です。もうこの先は、10万円~15万円程度の繰上だと、千円くらいしか戻ってこないようになってしまうかもしれませんね💧

それでも、ここまでトータルで5万円以上は手元に戻せたので、決して小さな金額ではありません。

最後に今回のまとめです。

初期の保証料:408,723円
戻し合計金額:51,957円
保証料の残金:356,766円

ここから今回 3,324円の返金。

現在、繰上返済見直し計画中です。なので、今後はこの戻し保証料でランチを楽しむ機会も減るかもしれません。それがなくても、増税で外食の回数は意図的に減らしていたりもするんですけどね。



不動産取得までにかかった日数
物件問い合わせ日より:75日
売買契約日より:48日
本審査承認日より:34日
金銭消費貸借契約日より:14日
※GWが間になければ、金消契約以外は2週間の短縮が可能でした

この記事へのコメント