老後資金について夫婦で話し合い繰上返済をやめました

老後資金について夫婦で話し合い繰上返済をやめました

nature02.jpg

老後について、夫婦で真剣に話し合った結果「繰上返済はやめる」という結論に達しました。普通に貯金しても2000万円を貯めるのは厳しいので、今まで繰上返済にまわしていたお金を別のところで使おうと思います。

スポンサーリンク

繰上返済をしない理由

何となく…漠然とだけど不安に感じていた老後の生活費。これがいよいよ本気でどうするか考えなければまずい!と思うきっかけになったのが、金融庁の「老後に2千万円は必要」というニュースでした。

最近はYouTubeで税理士さんや会計士さん、ファイナンシャルプランナーの方々が解説している動画も多いので、一ヶ月近く動画漬けで知識を詰め込み、夫婦で話し合い「住宅ローンの繰上返済はもうやめよう」という結論に達しました。

理由は、住宅ローン金利が安いからです。

変動型で契約しているので、今後金利が上昇する可能性はゼロではないため悩みました。でもそれについては、金利が2%を超えたらそのときは、全力で繰上返済を再開しよう!と夫婦で決めました。

でも金利が安いうちは繰上返済をせずに、そこで使っていたお金を長期投資にまわすことにしました。もちろん投資なので、必ずお金が増える保証はないですが、そのまま貯金しても2千万円はあまりに遠いので💧

iDeCo と積立NISA

投資といっても色々ありますが、我が家が始めるのは iDeco と積立NISAです。

iDeco は個人型確定拠出年金という名の通り、年金なので拠出した資金を自由に出せないのがデメリット。でも投資するために拠出したお金は、住民税と所得税の控除ができるというのが最大のメリットです。

そして、自営業はこのiDecoの恩恵が最大限に利用できる仕組みなんですよね。

ただ、使いたいときに引き出せないというデメリットもあるので、夫婦そろって利用するのはためらわれるところ。というか、二人で利用しても毎月の拠出制限の枠、合わせて約13万円以上も投資にまわせない💦

なので、iDeco を利用するのは一年でも長く控除の恩恵が受けられ、長期運用が可能なわたし(妻)のみにし、だんなは少額でも積立が可能で、何かあればいつでも終了させられる積立NISAを利用して運用することにしました。

投資にまわすお金は iDeco を優先するので、積立NISAの年間40万円枠は使い切れないかもしれません。それでも始めようと思います!

それぞれのメリット・デメリットについてはちょっと検索すれば山のように解説しているサイトが出てくるので、ここでは説明を省きます。ただ、住宅ローンで控除枠を一杯に使っている方は、iDeco の控除の恩恵は受けられないので、NISAや積立NISAのほうがいいかもしれません。

(早口だけど)とても分かりやすく、要点を10分程度にまとめて説明されている動画があったので、興味のある方は以下のリンクよりご覧ください。(動画の内容についての判断は自己判断でお願いします)

尚、NISA、積立NISA共に、今後ルールが変更になる予定です。以下の動画は変更前に投稿されたものです。積立NISAの変更点は制度の期限が延長されたこと。非課税期間や制度そのものには変更がありませんので動画の説明は参考になると思います。

同投稿者さんが、最新NISA情報も投稿していますので、興味を持たれた方はそちらも合わせて視聴されると良いと思います。

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の概要やメリット・デメリットを税理士が解説!初心者が商品を選ぶときのおすすめも紹介!【年金崩壊に備える②】

【つみたてNISA】初心者の長期投資入門「つみたてNISA」のメリット・デメリットを税理士が解説!投資信託のおすすめも紹介!【年金崩壊に備える③】

ちなみに、我が家では積立NISA 9月からスタートさせました!

iDeco は来年春ごろに決まる「特別法人税」の凍結延長または廃止がされるのを見届けてからスタート予定です。もし特別法人税が復活するようなことがあれば、iDeco は見送り、積立NISAを夫婦それぞれで使う予定です。

あと、現時点では iDeco の拠出は60歳までになっていますが、これも65歳まで拠出できるという話が出ています。それについても来年春頃にはもう少し詳細が分かると思うので、情報を総合的に判断してスタートするか決めるつもりです。

iDeco と特別法人税についての説明もここでは省きますが、検索すると詳細が分かるので気になる方は調べてみてください。

積立NISAをはじめてみて

最初は色々と面倒です。まず、どの証券会社で口座を開設するか調べたり、実際に積立NISA口座を開設したり。

その間に、自分が積み立てる投資信託商品を決めたりしないといけません。そして無事に口座が開設されたら、その口座に資金を入れて注文を入れます。

証券会社によってはクレジット決済できたり、自分の銀行口座から注文金額の引き落とし設定ができるので、自分に合った設定を済ませておきます。

ここまでできたら、あとはひたすら放置。たまに見直しや金額の変更はすると思いますが、基本は放置なので楽ですね。

証券会社も積み立てている投資信託商品も、夫婦それぞれ分けてあります。

わたしは普段、楽天市場のセールを利用するので、楽天ポイント目的で楽天証券に決めました。だんなは楽天経済圏に関わっていないので、人気の高い SBI証券で積立NISA運用中です。

この三ヶ月の運用実績は・・・

低かったときで利益は+2.5%くらい、高いときで+9.7%でした。もちろん毎日変動しているので、今後どうなるかは分かりませんが、この三ヶ月毎日チェックしてみたことろ、だいたい+4%~+7%台で推移していることが多いです。

住宅ローン金利は1%以下です。積立NISAの運用と、来年スタート予定の iDecoは、繰上返済をやめたことで浮いた資金と、生命保険の見直しで浮いたお金を投資するので、日常生活は今までと変わりません。毎月の貯金額も変わりません。

生活防衛資金は残してあるとはいえ、NISA非課税枠を使い切るために毎月の貯金予定額もすべて投資につぎ込むのはさすがに無茶なので、貯金は今まで通り続けます。

万が一、金利が上昇して繰上返済が必要になったとき、手元に生活防衛資金以外の現金がないというのも困るし、不安ですからね。ローンがなければ生活防衛資金だけでも、それほど不安には思わなかったかもしれませんが💦

投資は増える可能性もある反面、減る可能性もあることは承知の上で運用しています。でも、この三ヶ月間の平均利率の範囲で運用していくことができれば、繰上返済より投資を優先した判断は正しかったことになります!

さてどうなるでしょう。

今後について

そういうわけで、しばらく繰上返済はいたしません。

となると、ブログに書くこともほとんどありません。なので、このブログはここで一旦区切りをつけたいと思います。

もしかしたら積立NISA や iDeCo のその後など不定期にてご報告させていただくこともあるかもしれませんが、今の時点では未定です。長期で運用していくものなので、毎月報告してもあまり意味ないですしね (;^ω^)

何かの節目節目に報告するのはアリかなーとは思っているので、ブログ自体はしばらくこのままにしておくつもりです。

これまで訪問してくださった皆様、ありがとうございました。今回はじめて訪問くださった方も最後まで読んでいただきありがとうございました。

2020年が皆様にとって幸多き一年になりますように。よい年をお迎えください。

この記事へのコメント